人気ブログランキング |

のんきなママとお気楽ワンコの日記
by jammama
カテゴリ
フォロー中のブログ
外部リンク
最新のコメント
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2016年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

きーちゃん
長男のところの新入り!
b0075371_0194295.jpg
留学した友人の猫をしばらく預かっています。
きーちゃんです。美形です!

めちゃくちゃ私を警戒しています。さて、どうやって手なずけよう・・・?

by jammama | 2016-06-28 00:23 | 今日のじゃむママ | Comments(0)
那須高原
那須のおいしいもの満載の朝食。贅沢です!
b0075371_2344518.jpg
Kさんの素敵な別荘 
b0075371_23454613.jpg
b0075371_23462125.jpg
広い敷地に季節の花がうまく配置され、四季折々に楽しめる庭になっています。お手入れは大変ですが、ご夫婦で別荘ライフを楽しんでおられるようです。
昨日と打って変わって、朝から雨。
予定を変えて藤代清治美術館へ
b0075371_23515565.jpg
雨に洗われた緑がきれい!
b0075371_23521980.jpg
90歳以上は入館料が割引になります。待てないから一般料金で入る。
90を過ぎても衰えない創作意欲、細かい作業を続けられています。
万緑のなかの素敵な美術館です。好きな美術館になりました。

またしてもカメラトラブル!
迂闊なことに、バッテリー切れになってしまい、途中からスマフォに変わりました。
雨もあって、かなり写真をとり忘れてしまいました。まったくー!
昼食は“ジョイア・ミーア”でイタリアン
Kさんのチョイスは最高です!
那須はおいしいものと素敵なクラフトショップがたくさんあるそうです。 
また、来なくっちゃ!

そのあと秘湯の「大丸温泉」ひと風呂!
b0075371_07874.jpg
裸で回廊を行くと、川の中の温泉はちょうど良い温度。混浴の方はバスタオルを貸してくれます。下は砂利で、少し足が痛い。
那須に、こんなにいい温泉がいっぱいあるなんて知らなかった!

きたざきの奥様の情報から、コピスガーデンに立ち寄りました。
ちょっと盛りを過ぎたバラの香が濃くただよっていました。
そこでティタイム
b0075371_015235.jpg
帰りは羽生パーキングエリアで休憩。
b0075371_016635.jpg
テレビで見た江戸下町テーマパークはここだったんだ!

by jammama | 2016-06-28 00:18 | 旅行 | Comments(0)
那須高原
ロシア・フィンランドの旅行記が終ったばかりですが、那須の旅行記も。

6月中旬、俳句仲間Kさんのお誘いで、Sちゃん・Jさんと那須を吟行(ちょっとだけ!)
植物好きのKさんご夫婦は那須高原に別荘をお持ちで、ガーデニングを楽しみに通っていらっしゃいます。
そこにお邪魔して泊めていただき、素敵な別荘ライフをかい間見させていただきました。

一応俳人ばかりの4人旅。
最初に向かったのは、宿場町芦野。
有名な鰻屋さんがあります。・・・まず、食い気が先
b0075371_1591540.jpg
丁子屋 蔵座敷があり、昔の旅籠の雰囲気が残っています。
b0075371_15114351.jpg
やっぱりうな重!美味だわー
芦野宿の新しい名所「石の美術館」
宿場町の石蔵は、近くの芦野石や、福島県の白河石で造られてきました。
それらの石材で、建築家の隈研吾氏が古い石蔵を再生させて石の美術館となりました。隈氏は、今話題のオリンピックの国立競技場の設計者。美術館は国際石材建築大賞など頂いているそうです。
b0075371_1526213.jpg
b0075371_15264698.jpg
街道には石の道標が多い、さすが石の産地
b0075371_15283144.jpg
俳聖芭蕉が立ち寄った遊行柳
その昔、西行法師が詠い謡曲の題材にもなり、俳聖芭蕉や蕪村も立ち寄り句を残した、あぜ道に立つ柳の木。歌碑句碑と共に投句箱が並んでいました。
b0075371_15394627.jpg
田一枚植えて立ち去る柳かな  芭蕉
b0075371_1541577.jpg
あぜ道は温泉神社の参道です。
そこで水田を渡る風に吹かれながら暫し作句。
柳の木に並んで、桜の大木がありました。気が付けば、誰かの肩に青虫が!!キャー!!!
それでも皆良い句が出来たと思います。
その後鹿の湯へ。
とろんとした湯から薬湯まで、温泉を堪能しました。
夕食はKさんの別荘地にある洋食の「きたざき」へ
b0075371_15525795.jpg
おしゃれな隠れ家的なレストラン
b0075371_15574065.jpg
b0075371_155874.jpg
b0075371_15581911.jpg
丁寧な洋食。別荘地の人々に愛されているレストランです。
b0075371_23413033.jpg
きたざきのシェフの手作りシェフのフィギュア よくみればロブスターのパーツですよ!

by jammama | 2016-06-25 16:17 | 旅行 | Comments(0)
レイニア
レイニアの季節になりました。
日本の美しいサクランボは押し頂く感じですが、レイニアはわしづかみにしてバクバク食べます。
甘みと酸味が程良い大きな粒。食べ応えありますよ。
6月は毎週のようにコストコ通い。
b0075371_14571494.jpg


by jammama | 2016-06-25 14:57 | 今日のじゃむママ | Comments(0)
ヘルシンキ 旅の終わり
タリンには、中世の街並みに溶け込んだ素敵な手工芸品のお店も多かったのですが、度胸がなくて一人では入りづらい感じなんです。相方のUさんと来たかったわ!
結局お土産のチョコはスーパーで調達。
滞在時間半日は短かった!半分くらいは道に迷っていたことになります。

ヴィル門の外は急に近代的な街になります。ノルディックホテルフォーラムに泊りました。
b0075371_23184982.jpg
b0075371_23155557.jpg
翌朝の朝食
関西から「バルト三国」のツアー客が大勢宿泊していました。

帰りも海は穏やか お名残り惜しやタリンの町
b0075371_23251068.jpg
窓際のカウンターに居場所を確保、隣り合わせた関西のツアーのおばさんと仲良くなり、おせんべ頂いておしゃべりしているうちにヘルシンキ到着。
b0075371_23304725.jpg
ホテルに戻ると、Uさんはあまり症状は改善していない様子。立つとめまいがするとのこと。
私の、ウソのようにめまいが消えるという予想は、大幅に狂いました。
でも、声は元気になりおしゃべりして笑い声が出ていたので、なんとか翌日は帰国の飛行機に乗れる見通しが付いたと思いました。

ヘルシンキで、もっぱらお世話になったホテルの隣のスーパー
b0075371_23503248.jpg
郵便局と同居してます。
b0075371_23505216.jpg
レジを出たところ。奥は郵便局。郵便局には、オリジナルのムーミンとマリメッコのグッズがあります。
b0075371_23525156.jpg
b0075371_23531073.jpg
b0075371_23533511.jpg
パンも野菜も自分で袋に入れてこのコーナーで、そのパンの番号を入れて値札を出して貼る仕組になっています。
b0075371_23575736.jpg
b0075371_23582228.jpg
こちらのお総菜コーナーを夕食に利用させてもらいました。
b0075371_06103.jpg
飛行機に乗るまでの顛末は、はしょります(笑)
広い空港で、タリンで痛めた足の裏の皮がめくれて、痛かった!
b0075371_026575.jpg
b0075371_0272060.jpg
Uさんは食欲なしでしたが、私はしっかり完食

帰国してUさんは直ぐ病院に行きました。
回転性のめまいとか、症状はしばらく続くとのことです。深刻な病状でなくて良かった!

果たして、ヘルシンキで病院に行かない選択で良かったのか、ちょっと後悔が残りました。
教訓は、旅行前は、忙しくしないこと。
自分の身体を過信しないことですね。もう、歳なんだから!

さー次はどこ行こうかな?

by jammama | 2016-06-24 00:44 | 旅行 | Comments(2)
エストニア
具合の悪いUさんをホテルに残して、一人タリンに行くのは、なんとも複雑な思いでした。
ホテルでひたすら寝ていたいから、一人ででも行って欲しいというUさんの希望もあり、割り切っていくことにしました。
私がおろおろしていちゃいけない!元気でいなくちゃいけない!と思うと、なんだか討ち入りのような妙なテンションになっていました。・・・帰国して、つらつら考えると・・・

タリン行きの「タリンクシリアライン」は西ターミナルから出航します。
バイキングが制覇していた海ですから、海上交通は随分さかんなようです。
b0075371_21565237.jpg
前日にチケットの変更を、ホテルのフロントから頼んでいました。間違いなく変更されていて、ほっとしました。
b0075371_21571111.jpg
港の大きさにはびっくり!乗船用のタラップが、めちゃくちゃ長い!
b0075371_21575230.jpg
クルーズ船が何隻も接岸しています。
b0075371_222875.jpg
船は9階建てになっています。6階以上が乗客のスペース。免税店・スーパーもあって、探検のし甲斐あります。
b0075371_2225666.jpg
快適な船旅。日本のツアーも乗り合わせていたので、写真を撮ってもらいました。
b0075371_2242734.jpg
2時間ほどでタリンの街が見えてきました。
b0075371_2253384.jpg
港から旧市街までは徒歩10分。ツアーの方達は大型バスで直ぐいなくなりました。私は、数人の個人旅行者にくっついて城壁に囲まれた町に向かいます。
b0075371_2284211.jpg
見えてきました!「太っちょマルガリータ」
町を守る大砲塔で現在は海洋博物館になっています。残念ながら休館日
b0075371_22151898.jpg
三人姉妹の愛称のある建物。現在はその名のまま、Three Sisters Hotelになっています。
b0075371_22193213.jpg
石畳の街、ちょっとした広場にはカフェが店を広げています。
b0075371_222146100.jpg
歩いていると、こんな細路が急に現れる。
b0075371_22225493.jpg
「職人たちの中庭」への小路
b0075371_22245577.jpg
有名なショコラカフェがある
b0075371_22261849.jpg
ひと休み
b0075371_22265463.jpg
1422年から営業を続けているという薬局。今は21世紀の薬を取り扱っています。ユニコーンの角の粉末とかあったらしいですよ、ホントかな?
b0075371_22313615.jpg
トーンペア地区の丘から見たオールドタウン。おとぎの国のようです。丸ごと世界遺産です。
b0075371_22334152.jpg
それをスケッチしているのは日本人でした。関西の絵画グループで、写生しながら旅行しているそうです。
b0075371_22364868.jpg
アレキサンダーネフスキー大聖堂 ギリシャ正教の教会
b0075371_22391863.jpg
うろうろと歩きまわっていますが、完全に迷子になっています。ここどこ?
b0075371_22433231.jpg
この人に聞いても、道を教えてくれなかった。
何とかヴィル門に出て、ホテルにチェックインしました。
b0075371_22462879.jpg
b0075371_22464870.jpg
Uさんに悪いけど、今までで一番いいホテルだったよ!
b0075371_22482220.jpg
セーターの壁、季節はずれだからか、思ったよりお店が少ない。もう店じまいはじめてた。
b0075371_22485363.jpg
聖カトリーヌの小道
曲る石畳の道、石造りの家、それらがまた方向感覚を狂わせてしまう!
何度も同じ道を歩いているような・・・・

b0075371_22553248.jpg
名物のシナモンをまぶしたアーモンドの屋台。
b0075371_22565360.jpg
レストラン“オルデ・ハンザ”を探すこと40分!インフォメーションセンターで聞いたら、アーモンドの屋台の角をまがったところだった!前の道が工事中で、特徴のある看板が置いてなかったのです。
中世商人の館だったレストラン、スタッフも当時の衣装で、ちょっとタイムスリップした気分。
日本語のメニューもあるが、ろうそくだけの灯りで、それも読みにくい。
b0075371_23113558.jpg
壺に入ったハニービール。蜂蜜の香の甘いビール。いけました!
一人なので、おすすめサラダとマッシュルームスープで十分でした。パンも付いてます。スープ美味です。
b0075371_23144975.jpg
ステーキ屋の前のベンチ。 牛さん、くつろいでる場合じゃないでしょう。食べられちゃうよ!

半日石畳の道を歩きまわって、両足にマメが出来た!サンクトペテルスブルグで毎日24000歩歩いても大丈夫だった靴なんだけど、古い石畳は油断すると捻挫しそうで、一歩一歩が緊張の連続でした。

by jammama | 2016-06-22 23:27 | 旅行 | Comments(0)
ロシア脱出記
ヘルシンキへの移動日。
前夜、スーパーでめまいがしたというUさんは、めまいがひどく起きられないという。
ホテルのフロントで聞いてファーマシー(24時間営業ですって)で体温計など買い測っても熱は無い。ちなみに体温計は水銀計でした。
前夜、疲れ過ぎて眠れなかったというUさんには出発までの少しの時間でも眠ってもらうしかありません。

Uさんは、かなり具合が悪い状態でしたが、「はってでもロシアから出なければ」ときっぱり。
“ビザが切れる→不法滞在→KGBに連行→強制送還又は病院収容→高額な医療費と正規の航空運賃請求”という図式が、二人の頭には点滅していました。

タクシーを頼んで、とにかくフィンランド駅へ
親切なタクシーの運転手さんは道々案内をしてくれました。
「あれがプーチンがいたKGBの建物だよ」って、KGBはこんなに近くにあるんだ!(汗)

駅でアレグロの改札が始まると、女性駅員が、具合の悪そうなUさんを見て、車椅子を持ってくるから待てという。そして車椅子で救護室へ連れて行かれた。
若い医者が血圧を測ってgoodだが、行くのは無理だから休んで行けという。
いえ、行かなければならない!
熱は無いし、列車で寝れば大丈夫。
駅員が、発車10分前だが、どうする?
大丈夫だから乗る!

以上の会話、相手はすべてロシア語。こちらはあやしい英語。
なのに何故か会話が成立していました。・・・不思議!

駅員さんは、ちゃんと私たちの乗る車両に送り届け、荷物の積み込みも手伝ってくれました。
ロシアは今、治安が悪いとか、スリが多いとか聞いていましたが、駅員も出国審査の係員もお医者さんも、皆優しかった。にこりとも笑わないから、一見おっかない人に見えるだけなんだ!

とりあえずロシア脱出作戦は成功しました。
b0075371_013131.jpg
アレグロの車内。右下にちょこっと見える私のスーツケース。手前の荷物棚の前に置いたはずが、こんなとこに来ています。私のスーツケースって、放浪癖があるんですね。
b0075371_011522.jpg

隣の食堂車です。カウンターでランチを買って席で食べました。
b0075371_044742.jpg

途中、出入国審査やら両替えなど回ってきました。Uさんはあんまり寝られなかったようです。

ヘルシンキに着くと、そのままソコスのホテルへ
事情を話して、その日から連泊することにしました。
予定では、その日はフェリーでタリンに向かいタリンに2泊する予定でした。
Uさんにはぐっすり寝てもらうのが一番の薬と思ったので、フェリーでタリン間で行くのは無理、タリンのホテルキャンセルもやむを得ないことでした。
でも、急なことで、ソコスホテルはダブルベッドの部屋しか空いてなかった。ぐっすりには程遠いかも・・・

船もホテルもすべてキャンセルするのはもったいないと、翌日私だけタリンに行くことにしました。
病人放置して、薄情なことですが、二人で相談してそうしました。
ふたりとも、めまいが長く続くとは思っても見なかったので。

翌日から、私一人のタリン紀行になります。

by jammama | 2016-06-18 23:59 | 旅行 | Comments(0)
サンクトペテルスブルグ3日目
バスツアーは大型バスで12~3名の乗客。
ロマノフ朝の「皇帝の村」ツァールスコエ・セローに向かいます。
女性ガイドさんは英語ですが、ロシアの抑揚が強く、聞き取りにくいところがかなりありました。
b0075371_1843959.jpg
青壁と白い柱、黄金の装飾に彩られたエカテリーナ宮殿
b0075371_18125987.jpg
b0075371_18132465.jpg
b0075371_18143812.jpg
女帝エリザヴェータが建設、母の名をとりエカテリーナ宮殿と命名した美しい宮殿です。
琥珀の間がありますが、こちらは撮影禁止。
第二次世界大戦中、ドイツ軍が琥珀をはがして持ち出しました。現在は復元され公開されています。
b0075371_1815280.jpg

b0075371_18194023.jpg

4時間くらい行程とのことでしたが、帰りはかなり遅れました。
日が長いし、誰も気にしていなかったけど。

近くにスィーツのお店があるはずと探しましたが、ちょっとイメージと違ったので、別のお店でお茶。
b0075371_18235442.jpg
b0075371_18241151.jpg

期待したけど、ロシアンティー(ジャムをいれる)はついにお目にかからなかった。

夕食はロシア風クレープのお店
b0075371_1826425.jpg
ボルシチは期待外れだった。

翌日はヘルシンキへ移動の日。残りのルーブルを使い切らなくっちゃ!とスーパーへ。
うまく使いきってガッツポーズなどとびだしたのですが、このあと思わぬ展開に・・・波乱の旅に 続くよー

by jammama | 2016-06-17 18:31 | 旅行 | Comments(0)
サンクトペテルスブルグ3日目
泊っていたホテル・ドストエフスキーの7階に「ラスコーリニコフ」というバーがあります。
「罪と罰」の主人公の名をとったバーで、7階の部屋に戻るとき一度迷いこみました。
b0075371_0221883.jpg
入り口の壁の絵はラスコーリニコフさんのようです。
b0075371_0252947.jpg
ホテルの玄関
b0075371_0354370.jpg
地下鉄ドフトエフスカヤの駅 すっかりなじんでしまいました。
b0075371_0361921.jpg
立派な駅 回廊のように見えますが、両脇がホームです。

この日はエカテリーナ宮殿に行きます。
電車で行くのは大変そうなので、バスツアーに申し込むことにしました。ネフスキー通りに何箇所かバスツアーの拠点があります。そこで英語のツアーがあったので、昼からのツアーを予約。
ロシア語のツアーは安いけど、皆目見当がつかないでしょう。所要時間は4時間くらい。

ツアーまでの時間、ドフトエフスカヤに戻り、ドストエフスキー文学記念館に行きました。
ドストエフスキーが最後の2年間を過ごしたアパートです。
b0075371_045511.jpg
b0075371_0453024.jpg
入り口地味 何度か素通りしてやっと見つけた!
子煩悩な文豪の一面が垣間見られ、子供部屋が印象的でした。

駅の近くに市場を見つけました。
b0075371_0572416.jpg
b0075371_0575065.jpg
b0075371_0581664.jpg
野菜果物肉魚とエリアに別れています。
b0075371_102511.jpg
駅の前では、花売りおばさん 鈴蘭の季節のようです。
b0075371_112629.jpg
ホテルに戻り、市場で買ったイチゴと桃がランチです。桃が面白い姿です。ギュッと押しつぶしたような。でも、香り高く甘い桃でした。

by jammama | 2016-06-15 00:14 | 旅行 | Comments(0)
日本はおいしいー
旅行記ちょっとひと休み。

えみはうすさんと舞浜のエクスピアリで会いました。
「北欧から帰ったばかりで何がいいかなー?」って気を使ってくれたけど、実は旅の後半は、ほとんどまともな食事をしていなかったもので、なーんでもいいの!
ゆっくりおしゃべり出来そうなレストランに入りました。
b0075371_23444134.jpg
野菜たっぷりのロコモコ
照り焼き風のたれで、美味しい!
日本は洋食も中華も和食も、確実においしい!!

6月の第1土曜はリバデール会
ニューヨークのリバデールという町で駐在生活をした妻たちの同窓会です。

今年は日暮里に集合。
今話題の谷根千。門仲とは、ひと味違う下町情緒にあふれる街です。
b0075371_23542954.jpg
b0075371_23544740.jpg
岡倉天心宅跡で、旧前期日本美術院跡  近大美術の発祥の地でしょうか。
六角堂のなかに金色の天心像が安置されている。
b0075371_064893.jpg
さんさ坂ですって
b0075371_07616.jpg
b0075371_072180.jpg
東京は意外に坂が多い。谷根千も見所が多そうですが、散策は今度に。
今日はおしゃべり中心。
隠れ家風のお店、吉里でお食事
b0075371_095571.jpg
国産ウナギのお膳。どっから食べてもおいしいよー!
うなぎは大好物!食べきれないと思ったけど、完食でした。

by jammama | 2016-06-14 00:12 | 今日のじゃむママ | Comments(0)